各発達段階の特徴について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数367
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    何かの参考になれば幸いです。一応A評価をいただきました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「各発達段階の特徴について述べよ。」
    1、はじめに
     人は生まれてから死ぬまで、または受胎から死までの間のなかで、環境や文化、家族や友人との相互作用から、社会的・精神的に学び、成長し発達を続けている。人間の発達は、発達段階をたどるように進んでいく。その発達段階には、段階ごとに新しい特徴があり、それらは発達課題としてみなされる。そして、人間の自然な発達においては、発達段階を追って、ある期間その発達段階で充足してから次の段階へ進むのである。ゆえに、発達は、階段を一段昇り、その段を充分に安定させてから、次の段階へと質的変化をしていくといえる。
     人間の成長に伴う心の変化や、行動についての研究が「発達心理学」であり、代表的な理論には、ピアジェの発達段階説や、エリクソンの発達段階説がある。現在、発達心理学は、一般にいわれる老化や能力衰退も個人の発達のプロセスとして考えるようになり、「生涯発達心理学」という人生すべての時期を含む学問に変化している。中年期以降の発達に注目するバルテスは、全生涯を通じての獲得(成長)と喪失(衰退)とのダイナミクスを研究するのが生涯発達心理学であると主張しており、この考..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。