「障害者の自立支援の現状と課題について述べよ。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数293
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    何かの参考になれば幸いです。一応A評価をいただきました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「障害者の自立支援の現状と課題について述べよ。」
    1、はじめに
    障害者の多くは、機能障害や能力障害ゆえに、その生活状況は社会的不利な状態に置かれている。障害者対策は、そのような障害者が置かれている生活条件を改善・改良し、地域や施設においても社会的日常生活に支障がないような対策が講じられる必要がある。
     わが国における障害者福祉サービスは、戦後の「生活保護法」をはじめとして、「身体障害者福祉法」、「知的障害者福祉法」といった障害種別に定められた法制度が成立し、各々に拡充が図られてきた。その後の関連する障害者施策の増加に伴い、これらの施策の総合的な対応策が必要となってきたのである。そのため、1970(昭和45)年に「心身障害者対策基本法」が制定された。
     「心身障害者基本法」の制定された1970年以降、国連で、1975(昭和50)年に「障害者の権利宣言」が採択された。さらに、この宣言実現のため、1981(昭和56)年の「国際障害者年」とそれに続く「国連・障害者の十年」(1983~1992年)、「アジア太平洋障害者の十年」(1993~2002年)において障害者に対する国民の理解が広まり、19..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。