「個別援助の展開過程について述べよ」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数270
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    何かの参考になれば幸いです。一応A評価をいただきました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「個別援助の展開過程について述べよ」
     
     個別援助技術(ケースワーク)は、正確にはソーシャル・ケースワークと呼ばれ、広く社会生活という視点から、社会福祉援助を個別的に提供することである。時代の移り変わりとともに、人々の生活の質や内容が、大きく変化している。それに呼応して社会生活へのニーズや問題も多様化し、複雑化してきた。個別援助技術は、これらの現実に対応するために個人や家族を対象として、彼らの立場から環境を調整し、社会福祉諸サービスの提供を通じて課題の克服を科学的に可能にしようとする援助の技術的過程であるといえる。
     個別援助技術は、M.リッチモンドによってその基礎が築かれて以来、その過程を①受理、②社会診断、③社会治療と大別してとらえるのが一般的である。特に近年の過程展開の動向には多様なものがあるが、①受理(インテーク)、②情報収集とアセスメント、③計画(プランニング)、④介入(インターベンション)、⑤評価と終結の5段階の展開が基本的なものであるといえる。
     ①インテーク(受理)
     インテークは、利用者が持ち込んできた問題に、援助者がその援助機関の責任で、引き受け対応できるかどうか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。