接尾辞-icalと-icが作り出す形容詞について

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数8
閲覧数591
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    同じ名詞に異なる接尾辞が付いたために、異なる意味になった形容詞をOEDをもとに歴史的に分析しています。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    接尾辞-icalと-icが作り出す形容詞について
    I. はじめに
     英語では、もとの単語である語幹に接辞が付く接辞付加という現象がある。このレポートでは、形容詞を作り出す接尾辞である-icと-icalについて考えていきたい。これらの接尾辞は、派生される形容詞の語幹が同じ名詞である場合がある。しかし、意味上では異なっている場合とそうではない場合があるが、ここでは意味上において異なる場合に焦点を置くことにする。語形成という観点からどのよう派生して形容詞が作り出され、実際にどのような使われ方をしているか、について検証していく。
    II. 接尾辞-icと-icalが付加する形容
     ここでは、そもそもと-icと- icalは、どのような接尾辞であるのかについて確認したい。
    II-1. 接尾辞-icが付加する形容詞
     接尾辞-icが付加して形容詞を作り出す場合、どのような意味が付加されるかについて確認する(竝木 1985: 51-52)。
    意味:〜の(特徴を備えた)、〜のような
    品詞:名詞に付加される接尾辞
    実例:atomic(原子(力)の)、heroic(英雄らしい、英雄に関する)
    特徴:名詞形..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。