国際語としての英語―歴史的背景による考察―

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数5
閲覧数456
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    国際語としての英語を歴史的な側面からまとめています。イギリスで使われていた言葉が、アメリカ大陸に渡り、その後アフリカやアジア圏に広がった経緯について、文献をもとに考察してます。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    国際語としての英語―歴史的背景による考察―
    Introduction
     英語は、世界で使用される頻度が高い言語の一つである。そのため、英語は国際語と言ったり、英語は世界語と言われたりすることがしばしばある。これは言語帝国主義の問題が絡んでいると考えることができるであろう。このような背景をもとに、国際語としての地位になった歴史や、今後英語の方向性を考えたい。
    I. なぜ英語が広く普及したかのか
     ここでは、今日のようになぜ英語が世界中で普及したのかをまとめたいと思う。これらのことが、英語が国際語になった歴史的な背景に直接つながるからである。
    1.英語の進出及び侵略について
     中村(1995)によれば、英語の歴史を社会的な観点から考えると、5つの段階に区別することができる。表1は、英語の各時代の特徴をまとめたものである。
      期 間 それぞれの時期の特徴 第1期 1350~1600 [英語が]イングランドの「公用語」(国家語)となる時期 第2期 1600~1800 海外に大々的に進出する時期 第3期 1800~1900 帝国主義的性格を発揮する時期 第4期 1900~1945 フランス語..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。