日本文学史 第2設題 M6105

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数396
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本文学史の第2設題【明治、大正、昭和の文学の特質を、それぞれの時代の特性をふまえつつ、下記の各文学思潮を例にして具体的に説明せよ。〈写実主義・擬古典主義・浪漫主義・自然主義・余裕派(高踏派)・耽美派・白樺派・新思潮派・プロレタリア文学・モダニズムの文学〉】のリポートです。合格済です。文章にあまり特徴を出さず、テキストを中心にまとめました。リポートの参考にしやすいと思います。テキスト『原色シグマ新国語便覧ビジュアル資料・増補3訂版』文英堂

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明治、大正、昭和の文学の特質を、それぞれの時代の特性をふまえつつ、下記の各文学思潮を例にして具体的に説明せよ。
    〈写実主義・擬古典主義・浪漫主義・自然主義・余裕派(高踏派)・耽美派・白樺派・新思潮派・プロレタリア文学・モダニズムの文学〉
    「明治」
    「写実主義」…リアリズムの意。現実を尊重し、ありのままに描写しようとする創作方法。のちの自然主義も方法としては写実主義である。
    日本の近代文学が真に近代文学の名に値するようになるのは、坪内逍遙の『小説神髄』と、二葉亭四迷の『浮雲』の写実主義の主調からである。逍遙はこの理論書で、現実離れした儒教的勧善懲悪や、現実的効用を目的とする功利主義を排し、小説の本質は「人情世態」を写実的に描き出すところにあると主張、小説を芸術の一つとして明確に位置づけ、その後の日本文学の方向を決定づけた。
    逍遙の主張を達成したのが二葉亭の『浮雲』である。「だ調」の言文一致体を用い、近代化の中で苦悩する主人公を造形することに成功するが、近代化する社会と伝統的な感受性との相克を自身も解決することができず、作品は未完に終わる。二葉亭が手がけたロシアのツルゲーネフの作品の翻訳『..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。