日本文学史 科目最終試験 テスト対策 2014,8作成 M6105 R0112

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数13
閲覧数541
ダウンロード数35
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本文学史 科目最終試験の過去問と解答例です。効率よくテスト対策ができます。【参考文献:テキスト『シグマ新国語便覧』国語教育プロジェクト編著:文英堂】

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本文学史 科目最終試験 テスト対策 2014,8作成
    【参考文献】
    『シグマ新国語便覧』国語教育プロジェクト 編著  文英堂
    1.「万葉集」「古今和歌集」「新古今和歌集」それぞれについて、およその成立年代を述べ、内容上の特色を相互の相違点がわかるように説明せよ。それぞれの作品について具体的に三点以上の特色を挙げて論述すること。
    2.王朝時代の「日記」「物語」について、代表的な作品を二つ以上挙げ、それぞれの作者と内容の特色を説明せよ。同時期の「随筆」「説話集」について、代表的な作品を一つ挙げ、それぞれの作者と内容の特色を説明せよ。
    3.「平家物語」「方丈記」「徒然草」「風姿花伝」について、それぞれの作品の属するジャンル、作者(不詳の場合もある)、およその成立時期、内容の特色を述べよ。
    4.松尾芭蕉、井原西鶴、近松門左衛門、滝沢馬琴について、それぞれの作者のおよその活躍時期、代表作一つ、その作品が属するジャンルと内容上の特色を述べよ。
    5.「写実主義」「擬古典主義」「浪漫主義」「自然主義」「余裕派(高踏派)」について、それぞれの文学思潮の特色を説明せよ。それぞれの文学思潮に属する文学者を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。