(極秘)電通 内定者 二次面接会話内容(2013年入社)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数705
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    電通の二次面接の会話をはじめから終わりまで完全に再現しました。会話内容、質問、会話のトーンなど参考になるかと思います。
    一次面接のときも大体同じような感じなので、一次面接を受ける方にも参考になるかと思います。
    実際に内定を頂いたものなので、取り扱いにはご注意いただきますようお願いいたします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    電通 二次面接 会話完全再現
    -------
    【形式】25分くらいで、二対一の個人面接。面接官はどちらも40代前半くらいで、一人が女性。
    ちょっと圧迫気味と聞いていたが、そんなことはなく、和気あいあい。
    会った瞬間から笑顔で、最初からかなり好意的。ただ、ところどころ鋭く見られている感じがした。
    【気づいたこと】
    意外と辞退してる人が多かった(遅刻ギリギリに行ったのに、名簿が穴だらけで、面接も予定より早く回ってきた)
    基本的にはコミュニケーションシートみながら質問。
    一次面接、ニ次面接とも開始15分前に来るように言われていたのに、1、2分前に遅刻気味に行った。が落とされなかった。
    --------
    【会話再現】
    以下面接官(め)と私との会話
    め「こんにちは(笑顔)」
    私「めちゃめちゃ緊張してます」
    め「こっちも緊張するもんだから大丈夫だよ。堅苦しい感じじゃなくていいし、僕らは○○さんの人間性をみたいだけなのでリラックスして。まずは簡単に自己紹介してください」
    私「□□大学△△学部の○○と申します」
    め「自己PRとかないの?」
    私「二つあります。①好きな人のためなら死ぬ気になれます。②好奇..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。