家庭科教育法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数172
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学家庭科教育法のレポートです。
    A判定を頂きました。
    参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     テキストの家庭科授業づくりのポイント(13のポイント)から、「基礎学力の定着と活用力を高める指導」に着眼し、6つの内容(家庭生活と家族、日常の食事と調理の基礎、快適な衣服、快適な住まい、生活に役立つ物の制作、身近な消費生活と環境)から2つを題材として取り上げて、小学校家庭科の学習指導案を作成しなさい。
     
    家庭科指導案
    本題材は、自分の家族や家庭生活について考えるきっかけを作ることと家族や周りの人に感謝する、自分も家族の一員として役立ちたいという気持ちをもたせ、より豊かな生活をおくれるようにすることがねらいである。それと同時に基礎的な調理技能も身につけ、もりつけなど創意工夫して簡単な料理でもやり方次第で華やかになることを気付かせたい。そして楽しく会話しながら食事をし、家族や周りの人との関係作りをする。学習したことはその場で終わって満足するのではなく、反省や改善点を次に活かそうとすることが大切である。また、児童によって家庭環境もさまざまであるのでそのことも配慮しながら指導をしていく。
            指導者 ○○○○
    1 指導日時 平成○年○月○日(○)第○校時
    指導場所 家庭科室
    2..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。