裁判員裁判の概要

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数314
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    裁判員制度が作られた目的
    裁判員制度の対象となる事件
    裁判員裁判の裁判手続き
    裁判員として選任される基準
    裁判員の選任方法
    などを簡単にまとめてあります

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    裁判員制度について
    裁判員制度が作られた目的
    裁判員制度の目的は大きく二つある。まず一つめは、国民の司法に対する理解をより広めてもらうということだ。日常的に事件の報道がされていても国民は他人事だと考えてしまう傾向にある。それだけではなく、その刑事裁判も法曹関係者に任せっきりになってしまうと、国民が刑事裁判や犯罪対策について無関心になりがちになる。しかし、それでは裁判を法曹関係者が行っている裁判をただ見て、無責任に批判をする観客民主主義という状態になってしまう。それを避けるため、国民が司法の支持や理解を深めて、裁判への信頼を高め、より強固な国民的基盤を得ることが目的だ。そして、裁判に国民の意見が反映されることで、裁判をより身近なものと感じてもらうことも目標だ。二つ目に裁判の迅速化だ。刑事事件では審理に長時間かかってしまう裁判がある。裁判ではたくさんの時間を審理、判断にかけて、それらが必要以上に正確なものになり、書証に依存している傾向が強い。そこで、裁判員裁判では証拠の書類にはあまり頼りすぎずに、公判廷を見聞きしているだけでも心証ができるような裁判の実現を目標にされている。そのため、連日開..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。