学校教育職入門科目最終試験対策資料

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数159
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ・教科書を中心にまとめています。
    ・重要個所には、太字・アンダーラインをしています。
    ・2013年度に出題された問題です。本年度、試験内容は変更の可能性があります。参考資料としてお使い下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校教育職入門 問題一覧
    ①教職をとらえる視点として、教師聖職者論、教師労働者論、教師専門職者論がある。それぞれ簡潔にまとめ、それぞれの論の差がどこにあるのかについて述べよ。
    ②教師の仕事には、具体的にどのようなものがあるのか。項目を5点以上にまとめ、それぞれについて、留意すべき点について述べよ。
    ③教科指導と教科外指導とは何か、それぞれを具体的にまとめ、その両者の関係はどうあるべきかについて述べよ。
    ④いじめや不登校といった、現代社会の教育的諸問題に対処していくためには、教師にはどのような資質や適正が強く求められるのか具体的に述べよ。
    ⑤新しい学校の荒れ、としての「学級崩壊」について解説し、教師はその問題にどのように対処すべきかについて述べよ
    ⑥教師の服務規程とは何かについて解説し、教師はその問題にどのように対処すべきかについて述べよ。
    ①教職をとらえる視点として、教師聖職者論、教師労働者論、教師専門職者論がある。それぞれ簡潔にまとめ、それぞれの論の差がどこにあるのかについて述べよ。
     「教師聖職者論」とは、戦前の日本で支配的であった教職観で、教師の天職性を強調する考え方である。教師..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。