英米文学概論科目最終試験対策資料

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数14
閲覧数285
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    ・教科書を中心にまとめています。
    ・重要個所には、太字・アンダーラインをしています。
    ・2013年度に出題された問題です。本年度、試験内容は変更の可能性があります。参考資料としてお使い下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英米文学概論 問題一覧
    1. シェイクスピアとミルトンについて述べなさい。
    2.ワーズワース、コールリッジ、パイロン、シェリー、キーツについて述べなさい。
    3.オースティン、ディケンズ、ブロンテ姉妹、ジョージ・エリオット、ハーディについて述べなさい。
    4.ジョイス、ウルフ、ロレンス、T.S.エリオット、グリーンについて述べなさい。
    5.ポー、ホーソーン、メルヴィル、トウェイン、F.スコット・フィッツジェラルドについて述べなさい。
    6.フォークナー、ヘミングウェイ、スタインベック、ベロウ、サリンジャーについて述べなさい。
    1. シェイクスピアとミルトンについて述べなさい。
    ○シェイクスピア
    ウィリアム・シェイクスピアは1594年から劇団の役者として舞台に立つと同時に、脚本を書き始めた。シェイクスピア劇の創作年代は4期に分けられる。
    第1期(1589~1595年)
    この時期の代表作は『ロメオとジュリエット』である。ヴェローナの名門モンターギュ家のロメオとキャピュレット家のジュリエットのロマンチックな悲恋の物語である。
    第2期(1596~1600年)
    この期の作品では3つの劇が特に有名である..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。