英文学史科目最終試験対策資料

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数531
ダウンロード数68
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ・教科書を中心にまとめています。
    ・重要個所には、太字・アンダーラインをしています。
    ・2013年度に出題された問題です。本年度、試験内容は変更の可能性があります。参考資料としてお使い下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英文学史 問題一覧
    ※作家名や作品名は必ず英語表記にすること。作品名は手書きの場合、斜体ではなく、下線を付けること。(シラバス参照)
    1. 15世紀末から16世紀末(ルネサンス)の散文と詩について述べなさい。
    2.17世紀前半(清教徒革命まで)の文学について述べなさい。
    3.1798年から1836年(ロマン主義時代)の文学について述べなさい。
    4.1837年から1901年(ヴィクトリア朝)の小説について論じなさい。
     
    5.1902年から1939年(第二次大戦まで)の小説について述べなさい。
    6.1902年から1939年(第二次大戦まで)の詩と劇について述べなさい。
    1. 15世紀末から16世紀末(ルネサンス)の散文と詩について述べなさい。
    15世紀は政治、社会、文芸、すべての分野にわたって暗さがあった。しかし、バラ戦争が終結し、Henry Tudorがヘンリー7世として即位し、テューダー王朝を創設した1485年から、イギリスの歴史は大きく転回する。内戦の影響がなかったロンドンには商業資本が蓄積され、経済が活性化し、国力の上昇が始まった。印刷術の確立と識字率の向上がルネサンスの起こる土..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。