初等教育方法学1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数324
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014年度合格レポ-トです。作成の際に参考にしていただけたら光栄です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    初等教育方法学 1単位目 
    課題:1系統学習と問題解決学習の長所・短所を整理して比較検討しなさい
       2次の語について調べなさい
    情報活用能力(2)絶対評価(3)生きる力
     1は、合格でしたが、系統性のアプローチがもう少し必要かなといった評価でした。
    また2の方は、要約がよくできています。といった評価でした。
    1 問題解決学習は問題と結果が分かるものではなく学習の脈絡が問題で、学習過程が探求であり、その結果が発見であるような教授・学習のアプローチである。問題を自力で解決する主体性の育成が基本にあるので,問題の解決すべき知識と技能が位置づけられる。子どもの問題や課題の解決に向けて探求することが中心となることから子どもが欲求、興味、必要なことが中心に学習を進めることができる。つまり子どもが新しい知識や技能を獲得しやすいということだ。また社会問題を自分たちの問題として受け止めて、解決へ進めようという学習法がある。これは、他人に依存するのではなく、自分で思考して判断することにより、自分の考えを持つことになり、自立した行動を取れる個性を持つ自主性の態度とその中で他人との関わりによって、社会性を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。