教職入門1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数285
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014年度合格レポ-トです。作成の際に参考にしていただけたら光栄です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教職入門
    1教員養成の歴史について論述せよ
    2教職の専門性について論述せよ
    1 前近代において全国に渡る体系的な公教育制度は存在せず、身分によって区別されていた上に全ての国民が教育の機会に恵まれたとは言い難かった。そこで1872(明治5)年に「学制」を制定し、また教員養成を目的とする学校や制度が誕生することとなる。
    このように戦前は、師範学校を中心とした目的制の教員養成機関が設けられて、特に小学校に重点を置きつつ教員養成を行ってきたが、教員の専門性や師範タイプと呼ばれる性格等の問題が指摘され、また批判の声が上がっていた。そこでそういった批判に応える形として、教員養成の高度化も漸次進められていた。こうした改革を行っているなかで、日本は世界大戦の敗戦を迎えることとなる。
    敗戦後の日本は米国の管理下で様々な制度改革を進めることとなる。よって戦前の教員養成制度の原則を維持しつつ更なる上を目指す方向で教員養成制度の改革がなされ、それまでの学校を再編・統合することになった。
    また教員資格制度に関しても方針変更が見られ、1949(昭和24)年5月に教育職員免許法が制定された。そして今日まで続く教員養..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。