体育

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数127
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014年度合格レポートです。作成の際の参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    体育レポート 1単位目
    人間の成長(心や体)や健康の保持増進に運動やスポーツ活動が効果的である点を考察
    人間は、各段階で学習すべき発達課題を会得し、心身ともに成長していく。心の成長とは、親を含む対人関係を伴う経験を通して、よりよい人格を形成し、よりよい社会生活を送ることである。また体の成長とは、年齢にあった体格や運動能力を持つ健全な体づくりのことである。これらの成長と、成長の基盤ともなる健康の保持や増進には、生涯を通じて運動やスポーツ活動が効果的であると考える。では、人間の心の成長と体の成長について考察する。
    生涯において、児童期は心身ともに最も成長に著しい時期である。これはスキャモン発育曲線に示すグラフでも分かる。そして骨の発達に関しては大人の骨格を形成するため、児童期はどの骨もまだ発育が盛んな時期でもある。そのため、運動や食事によって強化されやすく、また大きく成長する。しかし、この時期の骨(特に関節周辺の骨端部)は、大きな力や張力に対して傷つき易くなっており、またいったん骨に異常をきたしてしまうと、その後の正常な発育が阻害されることになってしまう。そのため、児童期は骨の発育段階に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。