道徳2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数97
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014年度合格レポートです。レポート作成の際の参考にしていただけたら幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ○課題小学校5.6年生を学習者として想定し、道徳の時間に展開したい学習内容を構想せよ。なお、ねらい、学習内容、評価を中心に要点をまとめること。書式は自由とする。
    <第5学年 道徳学習指導案>1.主題名 誠実に生きる 1 - (4) 誠実・明朗2.資料名 手品師(出典「小学道徳心つないで」教育出版)3.主題設定の理由・ねらいとする価値について 第5学年及び第6学年の内容項目の1-(4)は、「誠実に、明るい心で楽しく生活する」である。「誠実」とは、自他問わず偽りなく、真面目で真心が感じられることである。人は本来、自分の心に正直に行動し、真心をもって人に接したいと思っているが、この時期の児童は、まだまだ周りに流されてしまうことがたくさんある。そして正直で誠実な行動ができないことは多々ある。時として自己の損得に目を奪われがちな子どもたちが、自分らしく正直に誠実な関わりを築き、心豊かな生活を送りながら、人間のよさを発見・自覚させることが出来るように考え設定した。4.ねらい 常時誠実、明るい心をもって生活しようとする心情を育てる。5.展開
    学習活動(○中心発問☆主な発問 ・予想される児童の反応)
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。