特別活動の指導法1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数158
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信合格レポート1単位目です。レポート作成の参考し活用いただければ光栄です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    特別活動の指導法(小学校)1単位目
    課題:なぜ、小学校教育の中で特別活動が必要なのか、その教育的意義について述べよ
    特別活動の目標は「望ましい集団活動を通して、心身の調和のとれた発達と、個性の伸長を図るとともに、集団の一員としての自覚を深めて、協力することでよりよい生活を築こうとする自主的・実践的な態度を育てる」と規定している。集団活動を通してという集団にまずは焦点を当ててみる。特別活動では活動の舞台を常に「集団」においている。人間にとって集団生活というものはきっても切れないものであり、特別活動は集団としての活動・集団を通しての活動それ自体に意味があり、個人の資質・能力は人間関係の中で高められ、人間的接触を深めることで個性や能力を伸ばし、協調・協力の精神を養わなければならない。また、受験戦争や学習塾の激化により子どもたちにとって過重負担になっており、子どもらしい遊びが減ってきている。それに伴い知的発達・情意的精神衛生的・健康な身体の確保、そして体力の増強が課題となっている。よって学校生活へのよりよい適応を図ることによって心の安定を確保し、クラブ活動においては、スポーツを通じて体力作りを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。