児童・進路指導論1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数240
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育合格レポートです。作成する際の参考にしていただければ幸いです。
    課題: 学級における児童同士、児童と教師の人間関係作りと自己指導力の関係について述べよ。それを踏まえ、担任としてどのような点に気をつけて学級経営をすると良いだろうか

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童・進路指導論 1単位目
    生徒指導とは、児童一人ひとりの個性の伸長を図りながら、社会的資質や行動力を高めることを目指した教育活動である。その中でも最も大切とされているのが、人格の育成である。人格の育成とは、いわば「生きる力」の育成であり、そのための「自己指導能力」の育成でもある。自己指導能力とは、子どもの自発性や自主性、自立性のために、「自分で自分を指導していくという力」だ。自己指導能力の育成は子どもたちの自己実現を図るための生徒指導の積極的な意義としており、また生徒指導の重要な課題であり、目標としている。そして、自己を指導するためには、自分の中に何らかの基準がなければならない。その基準とは今までの経験や体験から学んだことである。経験や体験からの学びは子どもが他者との関係の中で身につけてきたものが重要となり、大人になった時の判断力にもつながる。このため教師は子どもが学級や学校における仲間と共感、人間関係を大切にし、よりよい関係づくりを目指していくための指導を心がけなければならない。つまり問題が起きた時、その解決策として最善の判断をしていくために今身につけなければいけないものを子どもた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。