【佛教大学】【レポート】【2014年度】生徒指導・進路指導の研究(中・高)(A評価取得済み)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数322
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学の【S0533】【生徒指導・進路指導の研究(中・高)】のA評価で合格済みのレポートです。
    レポートの作成の際に、ぜひご活用下さい。

    【第1設題】

    作成したレポートは3節で構成されています。
    第1節「1.生徒指導の原理」
    第2節「2.生徒指導の意義」
    第3節「3.生徒指導を行う際の留意点」

    教科書の該当部分を写して作成しております。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    リポート設題
    【中学・高校における生徒指導の原理および意義は何か、また、その際に留意しなければならないことは何か、生徒指導の具体例を示しながら説明して下さい。】
    生徒指導の原理
     1965(昭和40)年に発刊された、文部省(現文部科学省)の『生徒指導の手びき』は、それまで様々に解釈されてきた生徒指導の概念を統一し、一定の方向性を示したものといえる。そもそも生徒指導とは「全ての生徒のそれぞれの人格のより良き発達を目指すとともに、学校生活が、生徒の一人一人にとっても、また学級や学年、更に学校全体といった様々な集団にとっても、有意義にかつ興味深く、充実したものとなるよう」指導する営みのことを指す。このように生徒指導の基礎となる人間観について、「人間の尊厳という考え方に基づき、ひとりひとりの生徒を常に目的自信として扱うことを基本とする。これは、内在的な価値をもった個々の生徒の自己実現を助ける過程であり、人間性の最上の発達を目的とするものである。」と『生徒指導の手びき』により述べられている。
     そして、生徒指導の原理として4点をあげており、それは①自己指導の助成のための方法原理、②集団指導の方法..

    コメント1件

    BORN 購入
    この資料は参考になりません。ほとんど教科書のまる写しです。
    2015/10/08 1:33 (14ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。