【佛教大学】【レポート】【2014年度】教育相談の研究(中・高)(A評価取得済み)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数441
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学の【S0541】【教育相談の研究(中・高)】のA評価で合格済みのレポートです。
    レポートの作成の際に、ぜひご活用下さい。

    【第1設題】【学校における学種指導(教科指導、生徒指導、進路指導、特別活動等)と教育相談(学校カウンセリング)の関連について論じなさい。】

    作成したレポートは3節で構成されています。
    第1節「1.カウンセリングとは」
    第2節「2.教科指導と教育相談(学校カウンセリング)の関連」
    第3節「3.生徒指導と教育相談(学校カウンセリング)の関連」

    教科書の該当部分を写して作成しております。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    リポート設題
    【学校における学種指導(教科指導、生徒指導、進路指導、特別活動等)と教育相談(学校カウンセリング)の関連について論じなさい。】
    1.カウンセリングとは
     カウンセリングの対象となるのは、心理的に何らかの悩みをもつ人である。そして、この悩みに応えること、すなわち、相談にのることがカウンセリングであり、具体的には、その悩みを聴き、どう対応するかを考え、最終的にはその悩みを解消するように働きかけることである。この悩みを解消するためには、まず悩みの内容をよく知ること、次いでその悩みの生じた原因を明らかにすること、そして、その原因を取り除くこと(対応)が必要不可欠である。
     人の悩みは、社会構造が複雑になればなるほど、その内容も複雑になり、それを分類する方法も色々な視点から可能となる。そこでここでは、カウンセリングという視点から人の悩みの内容を分類する。その悩みの内容によって、カウンセリングの方法が異なるため、内容の分類は、カウンセリングの方法の分類を意味するためである。
     (A)人生において誰しもが持つ悩み・・・人が生まれ、成長し、大人となる過程において、誰しもが解決しなければな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。