佛教大学 科目最終試験 S0536 人権(同和)教育

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,341
ダウンロード数61
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学科目最終試験「人権(同和)教育」2014年最新版(2014年10月試験現在)の解答例です。


    1.50年に及ぶ戦後同和教育のあゆみと意義について論じること。

    2.宣言・綱領・決議や設立の経過・意義などから「全国水平社(1922年3月3日創立)」について論じること。

    3.部落問題解決に向けて戦後50年ほどのあいだに進められた取組(教育以外)について論じること。

    4.人権教育・同和教育を簡潔にまとめ、それぞれの関連について論じること。

    5.人権教育の定義(人権教育のための国連10年)を100字以内でまとめ、これを踏まえた人権(同和)教育のあり方について論じること。

    6.学校教育における人権(同和)学習のあり方について実践にふれながら論じること。


    これらの科目最終試験で出題される問題について、教科書を要約してまとめています。
    同じ文章をできるだけ多く用いて作ったので覚えやすいと思います。
    参考にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0536 人権(同和)教育
    50年に及ぶ戦後同和教育のあゆみと意義について論じること。
    宣言・綱領・決議や設立の経過・意義などから「全国水平社(1922年3月3日創立)」について論じること。
    部落問題解決に向けて戦後50年ほどのあいだに進められた取組(教育以外)について論じること。
    人権教育・同和教育を簡潔にまとめ、それぞれの関連について論じること。
    人権教育の定義(人権教育のための国連10年)を100字以内でまとめ、これを踏まえた人権(同和)教育のあり方について論じること。
    学校教育における人権(同和)学習のあり方について実践にふれながら論じること。
    参考文献
    後藤直,萩本善三,井川勝『同和教育実践―新たな人権教育の創造―』佛教大学
    50年に及ぶ戦後同和教育のあゆみと意義について論じること。
    同和地区では、貧困や劣悪な環境を余儀なくされた結果として子どもたちに十分な教育を受けさせることができず、貧困や劣悪な環境から抜け出せないという差別の悪循環を生み出している。この実態がさらに心理的差別を助長し、同和問題の解決をさらに遅らせることにもつながっていたのである。同和教育は、特に「同和地..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。