【日大通信】英米文学概説 分冊2(高評価合格リポート)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数550
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大通信 英米文学概説分冊2の合格リポートです。
    完成度が高く、表現力、要約に長けている。シェイクスピア作品の特質を作品を引用しながらよく講じている。との高評価を頂いています。リポート作成の参考までにご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (日大通信)英米文学概説(科目コード0086) 分冊2 (横書解答)
    <講評>
    完成度の高いリポートです。始まりも結びも大変良いと思います。何より要約力、表現力に長けており、読みやすく好感を持ちます。シェイクスピア作品の特質を作品を引用しながらよく講じています。
    <注意点>
    引用作品の作品名には下線を、引用には“”を付けたり、行を変えて引用を明記することもきっちりと見られています。
    <課題> 教材の第5章を読んで、William Shakespeareの劇について著者が主張する特質を、作品から引用しながら、小説の場合と比較しつつ、論述しなさい。
    <本文>  Lernerは劇というのは複数の要素で構成されたものであり、一度に複数の事柄を表現していると言っている。その中でも、William Shakespeareの劇には4つの特性があるとし、その4つとして物語(story)、性格描写(characterization)、筋書(plot)、雰囲気(culture)を挙げている。本リポートでは、これらを軸としてW. Shakespeareの劇について著者であるLernerが主張する特徴を小説の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。