日大通信【法学 分冊2】2014年度 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数230
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「良くまとまっている」「違憲立法審査権の意義について良く理解している」「判例の選択も適切」と高評価を頂きました。また、文中にアンダーラインがしてあり特に良かった表現に◎が打ってありました。(レポートに示してあります)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「良くまとまっている」「違憲立法審査権の意義について良く理解している」「判例の選択も適切」と高評価を頂きました。また、文中にアンダーラインがしてあり特に良かった表現に◎が打ってありました。(レポート中に下線+赤字で示してあります)
    私がとったレポート作成の流れは以下の通りです
    法令審査権とは+日本においての法令審査権の役割(付随的違憲審査説+独立審査権説)

    なぜ法令審査権が必要なのか(法令審査権の意義)

    実例の内容

    実例での争点

    実例で違憲と判断された理由

    実例の判決

    まとめ
    <ポイント>
    法令審査権の意義を述べるとともに、憲法の具体的条文との関係で1例を紹介し、どのような視点から、その法律が違憲とされたかを解説する。
    私たちの身の回りには、あらゆる場面に法が存在する。法律というものは、私たちが国民として日本で生活を続ける限り、それが不条理であったとしても必ず従わなくてはならない絶対的なものなのだろうか。現在日本では、不条理な法に従う必要がないよう憲法で違憲立法審査権(法令審査権)が認められている。本レポートでは、違憲立法審査権の意義を考えるとともに、違憲立法審..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。