P6301英文学史 第一設題【A評価】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数212
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A評価でした。
    担当教員からは「わかりやすくまとまっています」との所見をいただいています。
    あくまで学習時の参考としてお役立てください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    P6301 英文学史
    【第1設題】テキストの第1章「古英語・中英語の文学」第3章「演劇が起こる」第4章「シェイクスピア」第6章「王政回復期」をまとめよ
     第一章「古英語・中英語の文学」-15世紀まで 5、6世紀にアングロ・サクソン族による英国支配の中で言語が定着し、文学が生成されたが、この頃の言語はドイツ語に近い英語である古英語が使われている。文学作品としては、6世紀末のキリスト布教により宗教文学も含まれる中、古英語で書かれた英雄叙事詩『Beowulf』が代表的であり、それは主人公の名前でもある。アングロ・サクソン系諸族がまだ大陸北部に住んでいた頃の苦難と栄光の叙事詩であるため、作品自体は7〜8世紀に創られたあと吟遊詩人たちに語り継がれてきたものと推定され、もちろん伝承の過程で新しい要素が加わったり、ある部分は忘れられたりと、さまざまな変化や成長があって、現在の形となっているのであろう。暗く重いアングロ・サクソン語の響きは、頭韻によって強められ、各行は強音節を適宜くりかえすことによって古英詩特有のリズムを形づくった。
     11世紀に英国は北フランスによる侵入を受け、ノルマン王朝が確立され..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。