P6101英米文学概論 第二設題 【B評価】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数206
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    B評価でした。
    各段落はじめに人物名と生没年や特徴を挙げることで見やすい構成となっています。
    担当者所見では、まとまっているとのコメントをいただきました。あくまで学習の参考としてお役立てください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    エマスン、ソロー、ホイットマン、ジェイムズ、ドライサー、フロスト、パウンドについて述べなさい。
    エマスン(1803-1882 評論、講演者、詩)
    牧師であったエマスンはヨーロッパを旅し、イギリスでワーズワスやコールリッジらと会い、評論家カーライルと終生の友情を結ぶ。『自然論』では、真理は経験を超えた直感によって把握されるとする超絶主義の中心思想が述べられる。彼は西洋文明の伝統からもアメリカ宗教の伝統からも自己信頼によって独立できると説き、自然は思想の化身であるとして自然を神の意志の現われと見る。『評論集』を出した翌年には季刊誌『ダイアル』を編集し、コンコードの彼の家にはリプリ、パーカー、ソローなど牧師や文人が集まる。コンコード・グループの中心人物として「コンコードの聖人」と呼ばれるようになる彼は、講演者としても高名である。詩集『ポエムス』も出版し、一流詩人としても認められる。超絶主義は一見むずかしそうに見えるものの、どのように悪いことをしても、償いによって救われる楽天思想のために彼の講演は一般の人からも広く求められる。また大学時代から書き留めた日記や講演集により、40巻を超える著作を残..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。