P6101英米文学概論 第一設題【B評価】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数200
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    B評価でした。
    各段落はじめに人物名と生没年や特徴を挙げることで見やすい構成となっています。
    担当者所見では、まとまっているとのコメントをいただきました。あくまで学習の参考としてお役立てください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ベイオウルフ』、チョーサー、スペンサー、ダン、スウィフト、ブレイク、テニスン、ワイルド、フォスター、モームについて述べなさい。
    『ベイオウルフ』
     英文学の始まりは紀元前800年、主人公の偉業を格調高く綴った朗唱物語である叙事詩から始まる。英雄詩『ベイオウルフ』は8世紀に完成されたとされるイギリス最古の叙事詩である。スカンディナビア(現在のコペンハーゲンの辺り)を舞台とし、イギリスを支配したゲルマン民族の異教精神とキリスト教精神の融合した作品である。主人公ベイオウルフが怪物や竜を退治することで国民のために命を捧げるこの物語は合計44の詩歌で構成されている。朗唱によって受け継がれたこの作品は頭韻のリズムで書かれた古英語で書かれた頭韻詩で、覚えやすい工夫がなされている。
    チョーサー(1343-1400 頭韻詩)
    ベイオウルフの古英語に対して、ノルマン征服以降の中世の英語を中英語と呼ぶ。中英語の文学は三大詩人に代表されるが、チョーサーはその一人である。国際情勢に通じる高級官僚の経歴を持つチョーサーの創作は三つの時期に分けられる。フランス文学期では宮廷風恋愛が流行し、『バラ物語』を英訳するこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。