アートセラピー論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数173
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     
    課題 ① アートと、社会的な活動(医療、福祉、教育、環境保護、地域活性化等)をむすびつける具体的な活動を構想する。
     私はアートとは、人々が欲望を発散する場であると考えている。欲望と言っても様々だが、そのアートを作り上げるアーティストたちの作品の結晶が欲望自体を表現しているように感じられる。
     なぜ、そのような考えに至ったのかと言うと、アートと言うものを、ストレートに考えた時に答えが見つからないのである。イコール、どのように考えても、どのように表現しても、全部正解であるはず、という結論に至った。そこから、イメージで連想していき、直感的に出てきた答えが「変態」という言葉だ。直感的に出てきたものなので、言葉で説明するのは少し難しいが、私自身が「変態」だからかもしれない。というよりか「変態」なのだ。「変態」と言っても、一般的に人がしないようなことをすることが大好きなのだ。ここで、一つ自分の予想を言わせてもらうと、アーティストは「変態」だと思う。別にだから私はアーティストである、と言っているわけではないのだが、「変態」の私がアートに惹かれるのだ。同じ匂いがするような直感的なものだが、音楽家..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。