【正当防衛】

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数384
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    正当防衛についての論証

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    1
    【正当防衛】
    【正当防衛の成立要件】
    【要件*】
     正当防衛が成立するためには、
    ①「急迫不正の侵害」に対して、
    ②「自己又は他人の権利」を
    ③「防衛するため」、
    ④「やむを得ずにした行為」であること、
     が必要である。
    ※任意的減免! ※×正当防衛が成立しないか ○正当防衛が成立し,違法性が阻却されないか
    ※通説は、法益保護原理に加えて法確証原理を持ち出す。
    【不正性】
    動物による侵害に対しても正当防衛
    が成立するか。動物の挙動は「不正
    」に当たるのかが問題となる。
    ※→緊急避難の検討
     36条1項の「不正」とは、
    法秩序に反すること、すなわち違法と同義と解されるところ
    、違法性の本質は社会倫理規範に違反した法益侵害にある。そして、規範は人間に対して向けら
    れるものである。
     とすれば、動物の挙動は「不正」とはなりえず、対物防衛は成立しない。
    【急迫性】
    【判例の急迫性の理解】
     ①客観的な急迫不正侵害の存在→急迫性あり
     ②客観的な急迫不正侵害の存在+侵害の予期の有無→急迫性あり
     ③客観的な急迫不正侵害の存在+侵害の予期の存在(当然でなくても良い)+
    積極的加害意思の有無→急..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。