女性と子どもⅠ 第2課題 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数349
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価A

    参考文献
    ・短編女性文学現代
    「海の方の子」山田詠美
    おうふう 
    1993.11.30.初版
    2013.2.20.9版

    ・日本のジェンダーを考える
    川口章
    有斐閣 2013.9.14.

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第1設題
     私達は、「男は仕事、女は家庭」という意識にとらわれてはいないだろうか。これは普段、私達が拠り所としている「常識」の中に潜む、矛盾や思い込みによって生まれるのだ。世の中は、このような「ジェンダー格差」で溢れている。私は、ジェンダー論を頭に置いて、「海の方の子」を読んだ。
     ジェンダーは、社会的に作り出された男女の違いを意味する。これによって生まれる男女の格差を「ジェンダー格差」という。例を挙げると、「男は働くべきだが、女は働かなくてよい」、「男が先、女が後」ということや、「男なのにめそめそするな」、「女なのに力が強い」などの言葉もジェンダー格差に含まれる。作者、山田詠美の処..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。