女性と子どもⅠ 第1課題 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数187
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    評価A

    参考文献
    ・短編女性文学現代
    「山姥の微笑」 大庭みな子
    おうふう 
    1933.11.30.初版
    2013.2.20.9刷

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設題
     「女たちは便所じゃない!」「男たちの便所じゃない!」こう書かれたビラが、街中で配られていた時代があった。
     「山姥の微笑」が発表された時期、日本ではウーマンリブ運動が盛んだった。ウーマンリブ運動とは、女性解放運動のひとつで、1970年代初頭に、アメリカや日本の先進国で起きた運動のことで、この作品といくつか関連している部分がある。この運動が起きる以前は、自分の感情や考えを表現する機会がなく、自然とその意欲も失われがちだった。その立場から、他者の手により「解放される」のではなく、個人として自己表現することで、ウーマンリブ運動は展開された。第一次、第二次世界大戦の最中、若い男は戦場へ、女性は国内の生産現場を担っていた。1945年に終戦した後も、多くの女性はその後も工場や農場で働き続けた。戦争が引き起こした人手不足は、女性の積極的労働参加を促し、女性たちに「女性も男性と同じ仕事ができる」という、仕事に対する自信をもたらしたのである。この女性の社会的自立が運動の気運を高め、男社会に対する不満を抱えた女性たちによる、ウーマンリブ運動がアメリカ全体に広まった。日本で広まったのは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。