日大通信 平成27~28年度 R31000 日本経済論 分冊2

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数516
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本大学通信教育部(日大通信)、平成27~28年度用の報告課題集に準じた、「R31000 日本経済論 分冊2」の合格レポートです。
    レポート内容と共に、報告課題内容, ポイント, キーワード等も載せています。

    講評では、「レポートとして適切な事項を指摘しており、また各々の指摘も妥当なものであるため、大変良いレポートである」との旨が記されていました。

    なお、指定されたキーワードは全使用、参考文献も基本的に報告課題集に記載されていたものを使用しています。
    また、国立理系出身なため、どちらかと言えば理系寄りの構成になっています。

    分冊1はこちら→ http://www.happycampus.co.jp/docs/943372473152@hc14/122976/

    ――――――以下、報告課題集の記載内容――――――

    【分冊2】
     地方財政の現状と地域活性化について論じなさい。

    〈ポイント〉
     これまで日本の地方自治体は,国の中央集権的な枠組みの中に位置づけられてきたが,そうした状況は現在も基本的に変わっていない。また地方財政も国同様に財政赤字が累積する状況にあり,こうした中で地方の独自性をどのように出していくのかが問われている。上記のような状況下において地域活性化政策がどうあるべきかについて論じなさい。
    〈キーワード〉
     深刻化する地方財政,国主導の地域活性化,地域主導の地域活性化
    〈参考文献〉
     総務省『地方財政白書』(各年度)
     地域活性化総合情報サイト(内閣府:www.chiiki-info.go.jp/)

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。