日大通信 平成27~28年度 R32200 労働経済論 分冊2

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数230
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本大学通信教育部(日大通信)、平成27~28年度用の報告課題集に準じた、「R32200 労働経済論 分冊2」の合格レポートです。
    レポート内容と共に、報告課題内容, ポイント, キーワード等も載せています。

    講評では、「項目ごとに内容が整理してまとめられていて全体的に流れがしっかりとしており、まとめも概ねきちんとまとめられている点を評価する」との旨が記されていました。

    なお、指定されたキーワードは全使用、参考文献も基本的に報告課題集に記載されていたものを使用しています。
    また、国立理系出身なため、どちらかと言えば理系寄りの構成になっています。

    分冊1はこちら→ http://www.happycampus.co.jp/docs/943372473152@hc14/122944/

    ――――――以下、報告課題集の記載内容――――――

    【分冊2】
     外国人労働者のメリットとデメリットを日本の少子高齢化問題との関連で論述せよ。

    〈ポイント〉
     日本は,今後ますます少子高齢化が進行し,生産年齢人口の減少,高齢者介護の人手不足問題等,人口減少と高齢化にどう対応するかが求められている。その一つの解決策として,外国人労働者の受け入れがある。しかし,外国人労働者は,様々な問題を抱え,定住化への対応はいまだ不十分なままである。
    〈キーワード〉
     有能な外国人,入国管理法,不法就労外国人,多民族社会の問題,人口減少社会
    〈参考文献〉
     教材要綱を参照。

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。