日大通信 平成27~28年度 R30900 工業経済論 分冊1

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数215
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本大学通信教育部(日大通信)、平成27~28年度用の報告課題集に準じた、「R30900 工業経済論 分冊1」の合格レポートです。
    レポート内容と共に、報告課題内容, ポイント, キーワード等も載せています。

    講評では、「教科書を丁寧に読み込んでしっかりと理解しているのが分かる内容であり、文章の構成やまとめ方も良い」との旨が記されていました。

    なお、指定されたキーワードは全使用、参考文献も基本的に報告課題集に記載されていたものを使用しています。
    また、国立理系出身なため、どちらかと言えば理系寄りの構成になっています。

    分冊2はこちら→ http://www.happycampus.co.jp/docs/943372473152@hc14/122943/

    ――――――以下、報告課題集の記載内容――――――

    【分冊1】
     イギリスにおける産業革命の展開について説明しなさい。

    〈ポイント〉
     産業革命については諸説があり,それぞれに有力な学習の教材ですが,通説と思われる「教材」(このテキスト)の第2章を丁寧に読むことです。産業革命の前提となったできごと,イギリスの綿工業における技術の発達,工業の経営形態の工場制度の確立,産業資本の確立に注意して学習します。
    〈キーワード〉
     イギリスの農業革命,市民革命,綿工業,工場制度,産業資本
    〈参考文献〉
     テキストの第2章の参考文献一覧のなかから,入手しやすいものを読みましょう。
     入手しやすくて,古典とみられているF.エンゲルス著『イギリスにおける労働者階級の状態」(岩波文庫,または国民文庫)は,とくにおすすめできる文献です。

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。