日大通信 平成27~28年度 R31700 租税論 分冊1

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数429
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    日本大学通信教育部(日大通信)、平成27~28年度用の報告課題集に準じた、「R31700 租税論 分冊1」の合格レポートです。
    レポート内容と共に、報告課題内容, ポイント, キーワード等も載せています。

    講評では、「レポートの内容が課題に対して適切であり、かつ個々の論点を正確に説明していることを評価する」との旨が記されていました。

    なお、指定されたキーワードは全使用、参考文献も基本的に報告課題集に記載されていたものを使用しています。
    また、国立理系出身なため、どちらかと言えば理系寄りの構成になっています。

    【本レポートでは図を用いたため、最後のページに載せています。】

    分冊2はこちら→ http://www.happycampus.co.jp/docs/943372473152@hc14/121052/

    ――――――以下、報告課題集の記載内容――――――

    【分冊1】
     二元的所得税について説明しなさい。

    〈ポイント〉
     二元的所得税とは,課税所得を勤労所得と資本所得に二分した上で,前者のみに累進課税,後者に前者の最低税率に等しい税率で一律分離課税を行い,法人税制で法人税率を資本税率に等しく設定する所得税体系のことをいう。この金融所得課税の一元化によって,現行のわが国の所得税制に内在する貯蓄優遇のバイアスを取り除く。なお古来から,資本所得は不労所得なので重課,勤労所得は軽課するのか公平であるといわれてきた。
    〈キーワード〉
     資本所得,勤労所得,納税者番号制度,公平
    〈参考文献〉
     『新版 租税論』高木勝一編著(八千代出版)

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。