日大通信 平成27~28年度 B12100 心理学 分冊1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数623
ダウンロード数33
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    日本大学通信教育部(日大通信)、平成27~28年度用の報告課題集に準じた、「B12100 心理学 分冊1」の合格レポートです。
    レポート内容と共に、報告課題内容, ポイント, キーワード等も載せています。

    講評では、「課題に対して熱心に勉強したことが分かる内容であり、文章の構成やまとまりも申し分ない」との旨が記されていました。

    なお、指定されたキーワードは全使用、参考文献も基本的に報告課題集に記載されていたものを使用しています。
    また、国立理系出身なため、どちらかと言えば理系寄りの構成になっています。

    分冊2はこちら→ http://www.happycampus.co.jp/docs/943372473152@hc14/120997/

    ――――――以下、報告課題集の記載内容――――――

    【分冊1】
     学習が形成されるしくみ(理論的な要因)について説明しなさい。また,それぞれの要因が人間行動をどのように説明できるのかについて具体例をあげて述べなさい。

    〈ポイント〉
    ・学習形成の理論には,試行錯誤説,条件づけ説,洞察学習説,モデリング説などがあります。分かりやすく説明しましょう。
    ・学習の形成には,動物をつかった研究が盛んに行われています。それらが人間行動をどのように説明できるのかを考えてみましょう。
    〈キーワード〉
     学習の定義,試行錯誤,条件づけ,洞察学習,モデリング
    〈参考文献〉
     『心理学辞典』中島義明他編(有斐閣)
     『応用心理学事典』日本応用心理学会編(丸善)

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。