国際交通

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数286
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    ゼミで発表した国際交通の特徴等を記載したレジュメです

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国際交通における旅客と貨物の特徴
    (1)国際交通とは?
    国際交通とは、その国(例:日本)を中心とした国際間のモノやヒトの輸送のことを言う。旅客輸送でいえば航空、貨物輸送でいえば海運が主たる手段である。
    特徴は以下のとおりである。
    ・国際交通における旅客輸送(航空)
    旅客における国際航空輸送の特徴は、一般的に需要を一括して扱うよりも、路線ごとに市場を細分化して分析する。その際、ビジネス客と観光客に大別される。
    ビジネス客:旅費は企業が負担、運賃には非弾力的、便数に敏感、定時性が重視される。
    観光客:旅費は自己負担、運賃は弾力的、便数に鈍感、自由時間で行う。
    ・国際交通における貨物輸送
    船舶を用いた貨物輸送の世界海上荷動き量は1999年では51.6億トン(21.9兆トンマイル)、日本の海上荷動き量は8.5億トン(4.3兆トンマイル)である。世界シェア(16.6%)は現状傾向で、日本では経済活動に比べると、海上輸送依存度は高い。
    船舶での貨物輸送の特徴は大量輸送であり、中心となる貨物は石油、鉄鉱石、石炭、穀物といった原材料であり、完成品や半製品は1億トン強と相対的に少ないが着実に成長している..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。