タマネギの細胞と人の口腔内の実験

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,088
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    生物学実験
    光学顕微鏡による植物細胞(タマネギ)と動物細胞(ヒト口腔上皮
    )の観察の実験

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生物学実験
    実験名:細胞と組織
    実験日時 平成26年5月10日
    天候 晴れ気温 25[℃] 湿度 [60%]
    所属
    報告者
    細胞
    1.目的
     生物は細胞からできている。この細胞は、生物を構成する基本的な要素であり、細胞の形態・機能・細胞を構成することは、重要である。今回は、光学顕微鏡の取扱いを修得するとともに、光学顕微鏡による植物細胞と動物細胞を比較し、細胞の基本的な構造を調べる。
    2.準備
    (1)材料
    ・タマネギ
    ・ヒト口腔上皮
    (2)試薬
    ・酢酸カーミン(カーミン1gを45%酢酸液に加熱溶解)
    (3)器具
    ・顕微鏡
    ・検鏡器具
    ・接眼ミクロメーター
    ・カミソリの刃
    ・爪楊枝
    ・ケント紙
    3.実験方法
    (1)タマネギの表皮細胞の観察
     タマネギの鱗葉の内側に、カミソリの刃で約5mm四方の浅い切れ込みを入れ、表皮をピンセットではぎ取り、スライドガラス上に置く。試料片に水を1滴のせ、気泡を入れないように注意してカバーグラスをかけ、検鏡する。カバーグラスのかけ方は、緑は指で軽く挟む様にして持ち、一方の片をスライドガラスにつけてから、他方の片をはなすようにすると空気がはいらない。カバーグラス..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。