P6301 英文学史-2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数67
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    テキストの第7章「18世紀の散文、詩、劇」、第8章「小説の誕生、そして成長」、第11章「ヴィクトリア朝の小説」、第14章「戦後の文学」をまとめなさい。

    【参考文献】川崎 寿彦 著『イギリス文学史』 成美堂


    教科書に忠実に書き上げていますので、参考にしやすいと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    テキストの第7章「18世紀の散文、詩、劇」、第8章「小説の誕生、そして成長」、第11章「ヴィクトリア朝の小説」、第14章「戦後の文学」をまとめなさい。
    ■第7章 18世紀の散文、詩、劇
    17世紀の2度の革命を経て、近代社会の基礎が形成され、18世紀になると農地革命や産業革命などイギリスは大きく発展する時代になる。政治経済の成長は文化の成長にも影響した。
    市民階級は、リアリズムに喜びを感じジャーナリズムが生まれる。Daniel Defoeはまさにこの階級に生まれ、天性のジャーナリストで、事実性・面白さ、道徳的教訓の3つの組み合わせの中にDefoeの文学は成立している。これは18世紀英国ジャーナリズムの基本の性格である。Joseph AddisonやRichard Steeleは英国ジャーナリズムをさらに完成に近づけ、エッセイ文学と結びつけた。
     18世紀前半の英文学のもう一つの特色は風刺文学が隆盛したことである。散文ではJonathan Swift 、韻文ではAlexander Popeがその旗頭であった。彼らは生え抜きのトーリーであり、Addison、SteeleやDefoeのホイッグ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。