P6305 米文学研究-1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数99
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    『グレート・ギャツビー』に見られる感覚的な描写について、具体例を3つ以上挙げて、あなたの考えを述べなさい。

    【参考文献】

    野間 正二 著『米文学研究 :小説の読み方/論文の書き方』 佛教大学通信教育部

    村上春樹訳 『グレート・ギャッツビー』央公論新社 2006



    教科書に忠実に書き上げていますので、参考にしやすいと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『グレート・ギャツビー』に見られる感覚的な描写について、具体例を3つ以上挙げて、あなたの考えを述べなさい。
    グレート・ギャツビー』においては感覚的描写が多く使われている。作者F・スコット・フィッツジェラルドは作品に、彼自身の人生を投影している。だからこそ、感覚的な表現が必要だったのかもしれない。
    デイジー・ブキャナンのモデルはフィッツジェラルドの妻ゼルダであったというのが多く語られているところである。彼は、情熱的な一目ぼれをして、ゼルダと一度は婚約をするが、フィッツジェラルドの経済力に不安になったゼルダは婚約を解消してしまう。その後、「楽園のこちら側」が高く評価されベストセラーになり富を得ると、すぐにゼルダと結婚することになる。主人公ジェイ・ギャツビーのようにゼルダを手に入れるために成功を成し遂げたのだろうか。
    しかし、実はもう一人デイジーのモデルとされるGinevraという人物が知られるようになっている。ゼルダと出会う前の事であっただろう、二人は恋に落ちたが、Ginevraは裕福な家庭の女性でその頃のフィッツジェラルドとは経済的に釣り合いが取れず彼女の親に反対され、結局、彼女はほかの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。