Z1802 介護体験研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数40
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「なぜ介護等体験が小学校・中学校の普通免許状の取得のために必要なのかを論述しなさい。」

    【参考資料】
    「よくわかる社会福祉施設(第2版)」
    社会福祉法人 全国社会福祉協議会

    「フィリア:特別支援学校における介護等体験ガイドブック(新学習指導要領版)」ジアース教育新社出版 全国特別支援学校長会 著


    教科書に忠実に書き上げていますので、参考にしやすいと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    なぜ介護等体験が小学校・中学校の普通免許状の取得のために必要なのかを論述しなさい。
     平成24年に、全国の公立小中学校の通常学級に在籍する児童生徒のうち、人とコミュニケーションがうまく取れないなどの発達障害の可能性のある小中学は、6.5%に上ることが、文部科学省の調査で分かった。推計で約60万人に上り、40人学級で1クラスにつき2、3人の割合になる。
    小学校・中学校の通級による指導と特別支援学級、特別支援学校の指導対象者の割合は、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校の全体の約2.4%である。
    このような状況の中にある中でも、4割弱の児童生徒は特別な支援を受けておらず、支援策を話し合う校内委員会などが十分に機能していない。
    教員免許を取得している者にとって、将来、何らかの障害を持った児童と接することは、何ら特別なことではなく、教員が学級の担任を持つとき、適切な認識を持っていることが必要であり、介護体験は重要な意識を持つ機会である。
    また、発達障害の可能性があるとまで判定はされなかったものの、近い問題を抱える子供は多い。こうした子たちへの理解の仕方や、支援も重要であ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。