明星大学通信 保育学2(PB3020)2単位目 2014年度〜

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数140
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    合格をもらっています。
    評価は、「大変よくまとめられています。」でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信 保育学2(PB3020)2単位目 2014年度〜
    「課題」
    子どもの環境の重要性と環境の内容について論じなさい。
     現代の子ども達の生活環境は、大きく変化している。
    都市化・情報化・少子化・核家族化などにより子どもの
    生活に大きな影響を与えている。環境とは、人間が生活
    していくうえで関わるものだが、分類すると人的環境、物的環境に分けられ、さらに、家庭環境、社会環境、自然環境と分け、それぞれが子どもが生活していくうえで、
    どう影響しているか重要性を考える。
     ⑴家庭環境について、子どもが生まれて初めて生活する場は、家庭である。父親・母親などの人的環境の中、家庭構成などは家庭によって異なり、経済面、生活レベルはそれぞれ異なる。このように子どもが生活している場を家庭環境という。
     家庭環境の中で子どもに大切なことは、家族がその子に対してどのように関わるかが、子どもの今後の心身の発達に大きな影響を与える。
     子どもにとって望ましい家庭環境とは、物質面で恵まれることより、家族の暖かい雰囲気、望ましい保育方針、
    適切なしつけがあり、愛され、かわいがられながら自由にのびのびと生活し育つ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。