明星大学通信 保育学2(PB3020)1単位目 2014年度〜

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数152
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格をもらっています。
    評価は、「大変よくまとまてあります。」でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信 保育学2(PB3020)1単位目 2014年度〜
    「課題」
    子どもの発達の意味と、一般的傾向、また発達にとって遊びの果たす役割について論じなさい。
     人間は、生まれてから死に至るまでの行動や方法は、
    他の動物と同様に自然の法則にのっとったものである。
    「発達とは」人間に潜在する遺伝的能力と生活環境など
    から、後天的に学びとる経験とが相互に混ざりあって生ずる全体的変容のことをいう。子どもは、生活に適応して行動しながら、多くの経験学習をし、「何ができる力」へと変わっていく過程が、発達の過程である。
     人間の赤ちゃんは、体内に生得的に備えている能力により、不快刺激を感じ取り、飢えや渇きに反応し乳を吸う。時間の経過とともに能力は成長していくが、生命維持するには足りない。大人の保護のもと赤ちゃんは、上手に乳を吸い不快なことは泣いて知らせ、言葉で人との
    かかわりなど様々な経験を積み学んでいく必要がある。
     「発達」をとらえる時、留意する点が2つある。1つは、子どもは発達途上にあり、可能性を秘めた存在である。もう1つは、幼児期の姿でその子をきめつけてはならないことである。発達のは個人差..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。