【明星大学通信教育学部】保育内容F・表現
保育内容F・表現2 1単位目の合格レポートです

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数390
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【明星大学通信教育学部】
保育内容F・表現2 1単位目の合格レポートです。
    評価は良くまとめられています。という評価で合格でした。
    スクーリングを受けた後に書いたレポートなので、講義内容も取り入れた内容になっています。
    みなさんの学習の参考資料としてお役立てください。
このレポートの課題は、以下の通りです。
    

課題
 
    テキスト内の「子どもの造形表現能力の発達」(第4章)について、700字程度に大意要約し、掲載されている図版に対しての感想を300字程度でのべよ。
    テキスト内の「指導の計画・方法・留意点」(第6章)について、1000字程度で、講義を受けた時のノートのように整理せよ。
    1、子どもの造形表現能力の発達段階において、幼児期における造形表現能力は、大きく2つに分けられる。絵を描く能力を描画能力。ものを作る能力を製作能力という。描画能力も製作能力も造形表現能力として、人間のうちにもつ能力である。
     このような造形的表現能力は、どのようにして発達していくのか描画能力の発達段階について述べる。
     ①なぐりがき期(錯画期)1〜2歳の最初にみられる段階では、意味や目的をもたない絵を描く。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。