【明星大学通信教育学部】
体育科教育 2単位目の合格レポートです

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数308
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価はとても良く合格したレポートになります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【明星大学通信教育学部】
体育科教育 2単位目の合格レポートです。
    評価は良くまとめられていますという評価で合格でした。
    みなさんの学習の参考資料としてお役立てください。
このレポートの課題は、以下の通りです。
    

課題
 子ども達の運動技能習得の仕組みと効果的な習得のさせ方について考察せよ。


    『テキスト保健体育』出村慎一、松沢甚三郎、多田信彦、島田茂、池本幸雄 著(大修館) 2014年度~
     子ども達が運動技能を習得(調節)するしくみを、脳との関連性をふまえて述べる。まず、脳のメインスイッチとなる脳幹の働きが重要になる。脳幹の働きは、末梢の知覚情報を集め脳全体に伝える。特に情動(感動・体感・感性・やる気に関与する。)脳幹機能が低下すると活動する気が起きなくなり生きる力を失うことになる。脳を成長させるには、目標を設定し脳の神経回路を活動させる。しかし、この目標達成の回路がない場合挫折をする。これは、脳の成長を放棄したことになる。脳は自ら価値があると認めた情報について脳回路を作る。子どもたちには、神経回路の構造・活動を変える戦略を与える。
     まず、指導をするコツとは、行為の主体が物事..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。