H27教職論 設題2レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数813
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    設題:「教員免許(保育士資格)」を取得するためには教育実習(保育実習)を欠かすことはできません。そこで、まず教育実習の目的について述べ、次に教育実習に臨むに当たっての心構え、実習中に心がけなければならないことについて述べなさい。
    <「教師」を「保育士」と言い換えて述べても良い>
    評価:厳しかったです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題2
    「教員免許(保育士資格)」を取得するためには教育実習(保育実習)を欠かすことはできません。そこで、まず教育実習の目的について述べ、次に教育実習に臨むに当たっての心構え、実習中に心がけなければならないことについて述べなさい。
    <「教師」を「保育士」と言い換えて述べても良い>
     保育者を目指す私たち学生にとって、保育実習及び教育実習は、保育士資格や幼稚園教員免許状を取得するための科目として、養成校の教職課程の中に必須科目として位置づけられている。保育実習の目的については、指定保育士養成施設における保育実習の実施基準について(平成13年6月29日厚生労働省雇用均等児童家庭局長通知)に、「保育実習はその習得した教科全体の知識、技能を基礎とし、これらを総合的に実践する応用能力を養う為、児童に対する理解を通じて保育の理論と実践の関係について習熟させる事を目的とする」と示されている。幼稚園における教育実習の目的についても同様に理解がされている。そして、実習は保育の現場を借りて養成校が現場の保育者に教育を委託する形で行われ、学生が生の保育を学び体験できる重要な機会でもあるのだ。
     保育所、幼稚..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。