こどもの保健Ⅱ設題2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数479
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    設題:小児感染症の中で、発疹性の症状を疾患を3つあげて説明してください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題2、小児感染症の中で、発疹性の症状を呈する疾患を3つあげて説明してください。
    感染症とは、病原体が体内に侵入して、それが組織や臓器の中で増える事によって疾病が起きる事を言う。その成立には①感染源(細菌やウィルスを持つ物や人の事で食品、患者等)②感染経路(細菌、ウィルスなどを体内に運ぶ経路。手を介す接触感染、咳を介す飛沫感染等)③感受性のある人(感染を受ける可能性のある人。特に抵抗力の弱い高齢者や子ども、持病基礎疾患のある者)の3要素が必要になる。従ってこの3要素の繋がりを断ち切れば、感染症予防の徹底が図られる。感染源の対応としては、発病者の早期発見と治療、定期的な清掃による清潔保持・適切な消毒等・感染源を早期に発見し、増やさない対策をする事である。感染経路の対応としては、手洗いを徹底し、患者の血液・便・嘔吐物等の排泄物には直接触れない事等の標準予防策の徹底をして感染症を拡げない様にする事である。感受性のある人の対応としては、健康の保持、増進に努めて抵抗力をつけ、予防接種や手洗い等の個人の対応が大切となる。
     小児感染症の中で、発疹性の症状を呈する疾患として、1つ目に麻疹がある。ウィ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。