こどもの保健Ⅱ設題1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数395
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    設題:食物アレルギーについて説明してください。
    1、抗原抗体反応を理解したうえで、5大アレルゲンの説明
    2、食物アレルギーの症状と重篤な即時型アナフラシキー症状の対処方法
    3、アナフラキシーショックの対応に緊急補助治療剤の説明。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題1、食物アレルギーについて説明してください。
    身体にとっての異物(抗原またはアレルゲンという)が体内に入ってきた時、それに対抗する物質(抗体)を作って、抗原を排除しようとするシステムを抗原抗体反応や免疫という。一見、身体にとっては有益な抗原抗体反応だが、時に必要以上に作用したり、あるいは不適切に作用する事がある。これがアレルギー反応である。
    わが国で小児期に多い食物アレルギーである鶏卵・牛乳・大豆・小麦・米は5大アレルゲンと言われている。まず鶏卵のアレルゲンの特徴とは、卵白にはタンパク質が11.3 %含有され、それが主なアレルゲンとなる。鶏卵のアレルゲン性は、加熱によって大きく低下する。症状としては、典型的な即時型アレルギー症状を起こすが、消化器症状が比較的多い事が特徴である。
    次に牛乳については、牛乳のタンパク質に含まれるカゼインとβ-ラクトグロブリンが代表的なアレルゲンである。これらの成分は羊やヤギ、その他の動物のミルクに共通に含まれる。典型的な即時型アレルギー症状を起こすが、呼吸器症状が比較的多い事が特徴である。卵や牛乳に対する抗体は乳幼児期に多く見られるが、成長するにつれ減..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。