こどもと造形表現Ⅰ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,275
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    設題:幼児期における造形表現の重要性と下記の教材の領域①~③を1つ挙げ、指導援助のあり方について考察しなさい。
    ①造形遊びについて
    ②えがく領域について
    ③つくる領域について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題、幼児期における造形表現の重要性と下記の教材の領域を一つ挙げ、指導援助のあり方について考察しなさい。(③つくる領域について)
     つくる活動の最初の段階は、2歳頃はっきりした興味を持って、ねんどを丸めたり、ちぎったりする活動を何度も繰り返す段階である。この活動により、幼児の手や指の機能が発達し、少しずつものをコントロールしていく機能が出来ていくとともに、ものをつくるという意欲も高まって行くのである。
     この頃の幼児を観察していると、まだこの頃は形らしい形は作れないが、発達の早い子はちぎったねんどを不規則に並べたりする。しかし、造形活動をしない幼児に対して形をつくらせようと働きかける必要はなく..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。