教育心理学レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数529
ダウンロード数5
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    設題:心理学において「学習」とは何かを述べた上で、オペラント条件付けによる学習を解説し、オペラント条件付けが活かされる具体例を挙げて説明してください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題1、心理学において「学習」とは何かを述べた上で、オペラント条件付けによる学習を解説し、オペラント条件付けが活かされている具体例を挙げて説明してください。
    心理学において学習とは、「経験を通して生じる比較的永続的な行動・知識などの変化」と定義されている。それは、日常生活から得る経験によって行動に変化が見られ、変化した状態が持続する事を言う。例えば、生活面において手洗いや排泄の仕方などを覚える事も学習と言われている。しかし、変化した状態とは、必ずしもプラスの変化ではなく非行や神経症などの社会的には、負の価値にあたるマイナスの行動を獲得する事も経験を通して生じた比較的永続的な行動の変容であれば学習と捉える。行動の変化と言っても、疲労や薬品やお酒による短期的な効果は学習には含まれない。それは永続的ではなく一時的であるからである。
    また、学習には成立過程や条件があるとされており、一例としてスキナーのオペラント条件付けによる学習がある。自発的な行動が「報酬」をもたらす手段の役割を果たしており、報酬を手に入れるために行動し、行動した結果報酬と行動の間には随伴性がある事を学習し、行動を習得するとい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。